大本組 ロゴ

HOME 採用情報 サイトマップ

企業データ社長挨拶技術仕事実績取り組みIR情報採用情報

免震

▽ 免震構法
地震から人命・建物・財産を守り、安全性を向上

 基礎と建物の間にクッションの役割をする積層ゴムを設置し、地震力を大幅に低減する免震構法は、
阪神・淡路大震災以来、マンションをはじめ、公共施設、電算センター、病院など様々な施設に採用されています。
又、企業のBCPの観点からも注目されています。


・物流施設
 
・精密機械工場
 
▽ セミアクティブ免震システム
地震動を感知して、免震性能を向上

車両系で実績のある「セミアクティブダンパー」の技術を免震建物に応用したシステムです。
建物に取付けた加速度センサーにより、地震動を感知し、オイルダンパーの効き方を制御して、免震性能を向上させるシステムです。
低層~高層まで幅広く適用でき、地震などの大きな揺れを極端に嫌う情報発信基地建物や病院建築等に適用できます。


・オフィスビル
 


制震

▽ 制震構法
高度な制震効果により安全性と居住性を向上

 オイルダンパーを鋼管に直付けした制震装置を建物内に配置することにより、 地震時における建物の揺れを抑制する制震システムです。交通振動などの環境振動にも効果を発揮します。

・オフィスビル
 

・オフィスビル
特許第3559025号、特許第3618722号


▽ スマート制震構法 [遠隔外付け・変形追随減衰付加構法]
オイルダンパーによる既存建物の耐震改修技術

 建物外部にブレース型オイルダンパーを組み込んだフレーム架構を設置し、柱の中間には免震ゴムを設置することにより、 建物が受ける地震力を軽減し安全性を確保しました。
建物とフレーム架構は、高いせん断強度を誇るディスク型アンカーを使用して接続します。
 仕組みがシンプルで、フレーム架構を建物から離して設置するため、設計と施工が容易で、『使いながら・住みながら』の施工が可能です。


・研究施設
特許第3925868号、特許第4038472号、特許第4585046号、特許第4667536号、特許第4799703号、特許第4837145号